読込中

神戸の森林(もり)を守り育てる(太子の森)

神戸の森林(もり)を守り育てる(太子の森) 神戸の森林(もり)を守り育てる(太子の森) 神戸の森林(もり)を守り育てる(太子の森)

プロジェクト概要

プロジェクト名 神戸の森林(もり)を守り育てる(太子の森)
実施団体名 NPO法人ひょうご森の倶楽部
プロジェクト内容 森林は、豊かな水や生き物を育み、水害や山崩れを防いだり、私たちの心身を癒すなど、多くの恵みをもたらしています。今その森林がいくつかの要因で荒廃して様々な問題が生じています。神戸市街地のすぐ近くにある「太子の森」も例外ではありません。この「太子の森」は、1959年(昭和34年)4月に、当時の皇太子(現在の上皇=平成天皇)のご成婚を祝って、兵庫県下の各市町村からの献木を植樹したことから名付けられた森です。しかし、植樹後の手入れが行き届かず、常緑樹が繁り暗い森になっていました。神戸の森の保全には、所有者だけではなく、その恩恵を受けている私たち市民一人ひとりが取り組まなければならないと思います。太子の森が市民の憩いの森になるように、また市民を災害から守るような豊かな森に育つことを願い、ボランティア活動として樹木の伐採、草・ササ刈りなどの作業を主体に活動しています。
現状の課題 森は手入れを怠ると、年中葉をつけている照葉樹が増え、高木化するにつれ林間が暗くなります。そうなることで、生き物が少なくなり、土砂流出が起こり易い森になってしまいます。このような問題を解決するために、できるだけ多くの学生のみなさんに太子の森に足を踏み入れてもらいたいと思いますが、現在市民を含めた活動への参加者の確保が大きな課題になっています。
プロジェクトによる達成目標 森の整備は短期的に成果が現れませんが、継続して手を入れていると太子の森は明るくなり、生き物が豊かになることがわかります。活動が10年、20年後に止まらず、世代交代を繰り返しながら持続することを目指しています。
神戸との関わり 神戸市街地背後の太子の森の整備であり、生物多様性を向上させるだけでなく、災害から市民を守ることに直結しています。

プロジェクト詳細

日程 より多くの日程に参加いただける方を優遇します

毎月第2日曜日
7/11(日)9/12(日)10/10(日)11/14(日)12/12(日)1/9(日)2/13(日)3/13(日)
時間 9:30~15:30
休憩時間 12:00~13:00
場所 太子の森 神戸市中央区(元町の北側・市章山の下)
集合場所 ひょうご森の倶楽部事務所(神戸市中央区中山手通4-1-11-201)
最寄り駅 JR・阪神元町駅 徒歩10分、地下鉄県庁前 徒歩5分
人数 3名まで/回
中止の場合 雨天中止、振替日なし
持参物(服装/昼食等) 昼食、飲み物、山での作業で肌を露出しない汚れてもよい服装・履物(長袖、長ズボン)、軍手(滑り止め付き)
希望される学生像 自然の中での活動が好きな学生
新型コロナ感染予防対策

対人

  • マスク等の着用
  • 密にならない環境づくり

空間

特に対策なし
特記事項 森林内の開放空間での活動
このプロジェクトに参加する
初回の2週間前が応募締め切りです

タグ

KOBE学生地域貢献スクラム実行事務局
プロジェクトの公募について