読込中

緊急事態宣言が兵庫県に発出された場合の対応について

公開:2021年1月18日
更新:2021年2月4日

兵庫県は、2021年1月13日に緊急事態措置実施区域に指定されました。KOBE学生地域貢献スクラムはこれまで、学生が神戸の地域や社会課題を知ってもらうきっかけづくり、地域と学生との繋がりづくりや、人口減少、高齢化による社会課題や地域課題の解決支援、コロナ禍における学生への経済的支援を目的に実施してまいりました。

この度の緊急事態宣言を受け、当事務局として感染のリスクを伴う活動を推進することは難しいとの判断をし、下記対応期間中は記載要項での対応とさせていただきます。

対応期間

2021年1月14日(木)~2月7日(日)3月7日(日)

屋内外問わず、すべての活動については、学生の参加を中止いたします。


プロジェクト団体様

対応期間中の活動を延期される場合は2021年2月8日(月)~3月7日(日)3月8日(月)~3月14日(日)までの間とし、状況を見ながら判断します。対応期間中に活動がある場合、当事務局からの人材補填はありません。対応期間中における新規プロジェクトの募集は中止します。

学生様

対応期間中における新規の学生募集は中止します。中止の場合の金銭補償はありません。


新規陽性者が急増し、医療体制も非常に厳しい状況です。新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、さらなるご理解、ご協力をお願いします。

KOBE学生地域貢献スクラム事務局
株式会社神戸新聞事業社

KOBE学生地域貢献スクラム実行事務局