読込中

淡河神影竹林プロジェクト

淡河神影竹林プロジェクト

プロジェクト概要

プロジェクト名 淡河神影竹林プロジェクト
実施団体名 特定非営利活動法人淡河神影工房
プロジェクト内容 北区淡河神影町の石峯寺の背後、三木市との境界には南北朝時代からの山城があったといわれる小高い山があります。その麓、民家との間には、放置された竹林が広がっていますが、その竹林の整備(伐採、搬出、チップ化)を工房のスタッフと一緒に行います。
現状の課題 竹は短期間で成長しますがが、その後、光合成により得られた有機成分は地下茎に蓄えられ、地下茎が周囲に伸びていきます。個々の樹木が集合した森林とは異なるもので、周囲の森林(里山)にも容易に侵入していき、森林の生育を阻害してしまいます。里山にも人手が行き届かなくなったことから、竹の伐採等の手入れがなされないままとなっています。このため、竹林の拡大に歯止めがかからず、森林の公益的機能の発揮に支障を生じることも懸念されています。竹の活用も大切な課題ではありますが、まずが2〜3年程度かけて、根気よく伐採し続けなければなりません。そういう地道な取組みの継続が大きな課題となっています。
プロジェクトによる達成目標 里山の森林主体の空間を回復し、維持していくことです。
神戸との関わり 淡河町は、神戸市北区の中では唯一、市街化調整区域のみで構成されており、里山環境を保全しながら、農村活性化の試みが行われています。本工房も、淡河町の文化環境を学びながら、地域貢献の取組みを行っています。

プロジェクト詳細

期間 2020年12月6日(日)、2021年2月12日(金)
回数 2回
時間 10:00~16:00
休憩時間 昼休憩1時間
場所 神戸市北区淡河町神影
淡河神影工房から歩いて行ける山林
集合場所 神戸市北区淡河町神影173-2
淡河神影工房
最寄り駅 神戸電鉄「岡場駅」
車で20分かかるため、徒歩圏では無し
人数 2020年12月6日:4名
20201年2月12日:5名
中止の場合 大雨などの荒天時は中止です。あらかじめ、予備日を設定します。
持参物(服装/昼食等) 作業の出来る(汚れても良い)服、靴、軍手など。
作業道具やヘルメットなどは貸し出します。
昼食は軽食を用意します。
希望される学生像 山の仕事や野外活動が好きで、元気な方。屋外での作業です。鋸や鉈などを使用しますので、安全に十分配慮出来る方。
新型コロナ感染予防対策

対人

○マスク等の着用
-対面場所での飛沫防止
-密にならない環境づくり
-体温チェック
-特に対策なし

空間

○入口や施設内における手指消毒
-換気設備または窓の開閉による換気
-高頻度接触部位の定期的な清拭消毒
-利用設備、座席等間隔の確保
−特に対策なし
特記事項 活動については屋外とします。集合場所の工房建物内では、手指消毒を用意します。

タグ

KOBE学生地域貢献スクラム実行事務局