読込中

ワイン用ぶどうの収穫

ワイン用ぶどうの収穫

プロジェクト概要

プロジェクト名 ワイン用ぶどうの収穫
実施団体名 農事組合法人上大沢グレープ
プロジェクト内容 神戸ワイン用のぶどうの収穫をお手伝いいただきます。ぶどうがワインになるまでの過程を学びながら、神戸の特産物でもある「神戸ワイン」について知ることができます。
現状の課題 農業従事者の高齢化による出務人数が減少しており、ワイン用ぶどうの収穫に対して人手が足りていない状況となっています。
プロジェクトによる達成目標 このプロジェクトを通じて、農業従事者への負担が軽減できるだけではなく、学生が「神戸ワイン」について理解を深め、地域に対して興味を持つきっかけとなればと思います。また、ただぶどうを収穫するだけではなく、収穫したぶどうがワインになるまでの過程を学ぶことが出来るので、神戸の特産物でもある「神戸ワイン」に親しみを感じてもらえるでしょう。さらに、活動場所が北区のぶどう農園ということで、普段立ち入れない場所や体験をすることで新しい気づきが生まれると考えます。
神戸との関わり 神戸の特産物でもある「神戸ワイン」を製造していることや、1983年からずっと神戸でワインを醸造していることから神戸に根付いた活動です。

プロジェクト詳細

期間 白ぶどうの収穫:2020年8月20日頃~30日頃
赤ぶどうの収穫:2020年9月10日頃~20日頃(4日前に確定します)
回数 2名/日×60日程度=120人工
時間 09:00~15:00(予定)
休憩時間 1時間
場所 農事組合法人(3ヵ所):上大沢グレープ/フルーツピア/パークすだれ21ぶどう農園(神戸市北区大沢町上大沢)
集合場所 現地
最寄り駅 なし(車でないと不可)
人数 15名を予定(最低5名〜最高15名)
中止の場合 雨天中止、振替日なし
持参物(服装/昼食等) 長ズボン、長袖シャツ、長靴、手袋(軍手)、昼食、飲み物
希望される学生像 体力のある方
新型コロナ感染予防対策

対人

○マスク等の着用
○対面場所での飛沫防止
○密にならない環境づくり
○体温チェック
-特に対策なし

空間

○入口や施設内における手指消毒
○換気設備または窓の開閉による換気
○高頻度接触部位の定期的な清拭消毒
○利用設備、座席等間隔の確保
−特に対策なし
特記事項
募集終了

タグ

KOBE学生地域貢献スクラム実行事務局
成果報告フォーラムを開催しました